営業担当者の実務内容

営業1課主任 渡辺明生の1日 原宿支店営業2課 田中博の1日

1 0 年目の心意気

ルーキーは必死



 早いもので、入社してすでに10年が経った。振り返ればあっという間だが、それは充実した時間だったからだろう。
ずっと営業畑を歩いてきた。
 地道に繰り返されるお得意さま回り。新商品の情報をつかみ、提案する。相手もプロ。生半可な知識は通用しない。
そして営業の醍醐味でもある新規のお客さまの開拓。自分なりの方法で売り込みをつづけてきた。それが実って最初に注文をいただいたときの喜び。誰かの言葉じゃないけれど、自分を褒めてやりたくなるときだ。
 もちろんつらいときもある。
 手配のミスが営業に降りかかってくる。荒っぽい現場では罵声も飛びかう。気のいい人だとわかっていても、そのときは逃げたくなる。ふせぐ方法はわかっている。再確認。みんなに徹底させようと、自分にも言い聞かせる。
 顔なじみのお得意さまが部署替えになって、難しそうな人が担当になった。だが、足を運ぶうちに、ふっと気を許してくれるときがくる。そうやって得た人脈が、営業マンの宝なのだ。
 2年前に主任になった。責任感も芽生えた。部下も育てなければならない。頑張れば、自分のためになる。それが教えられたら、上司の大きな役目が果たせる。上からガンガン押しつけられても、それだけは自分で悟らないとわからない。
 今日も東京の街を歩く。
 手がけたビルのそばを通りすぎる。自然と誇らしげな自分に気づいた。


 田中博の上司・早川芳明課長から
「田中はおとなしいほうでしょう。営業マンとしてはマイナスと思ってしまいがちですが、彼は素直に相手のいうことが聞けるのです。それは大きな長所です。そこをもっと引き出してあげたい。素直に接していけば、お客さまも応えてくれるのですから」
 専門学校を卒業したあと、この会社に勤めた。まだ2年目。いまは必死。入社して3カ月は商品管理を担当した。商品を知らなければ営業はできない。膨大な商品の種類を頭に叩きこんだ。覚えきれっこないと思っていたのが、いつの間にか覚えていた。
 次の半年は営業事務。最前線で営業する先輩の手助けをする。手助けのつもりが足を引っ張った。基本的には優しい先輩たちがありがたい。
 そして、ついに営業課へ配属。いまは、午前中は電話を取ったり、メーカーへの発注などをこなし、午後からが営業まわりになる。テリトリーは世田谷区。10社ほどの設備屋さんを担当させてもらった。
 営業がわかるまで3年はかかると言われている。実際、わからないことだらけ。だが、自分の力だけで受注できたときの喜びを早く味わってみたいと思っている。

連絡先

総務課 滝口
Phone:03(3942)4247
Fax:03(3946)3173
E-mail saiyou@s-nexus.co.jp